婦人

インテリアの主役であるソファ選びに大切なこと

ベッドのサイズ選択

寝室

ベットは毎日睡眠をとり疲れた身体を癒す場所になります。ベッド選びの基本は、自分の身体のサイズを知ることにあります。身体とベッドのサイズがあわなければくつろぐことができません。ゆっくりとくつろげるサイズのベッドをなるべく選ぶようにしましょう。自分の身体のサイズと寝るために必要な最低限のサイズがわかったら要件を満たすことのできるベッドを探しましょう。ベッドには基本的にいくつかのサイズがあります。主にベッドのサイズは、シングルサイズ・セミダブルサイズ・ダブルサイズ・クイーンサイズ・キングサイズ・ロングサイズになります。シングルサイズは一人だけで眠るための最小のベッドサイズで、ロングサイズが最も大きなサイズのベッドです。基本的には、大きくなればなるほどベッドの価格もあがっていきます。自分が住んでいる部屋のスペースや、家族と寝るのか一人で寝るのかでもベッドのサイズは、おのずと絞りこまれてくることになるでしょう。また、ゆっくりとくつろげるためのベッドの広さも知っておくといいでしょう。たとえば、一人で寝るにしても自分の身体の幅にプラスして左右15cmほどしかないのがシングルサイズのベッドです。これがセミダブルサイズになると左右25cmの幅が生まれます。たった左右10cmほどでも寝返りを打つような方には、とても有用なスペースになります。もし予算に余裕があるのであれば、最初に検討したピッタリサイズのベッドからワンサイズ大きめなサイズに変えることだけで、安心してゆっくり眠ることのできる環境を構築することも可能です。疲れが溜まりやすい方や、寝付きが悪い方は試してもいいでしょう。

Copyright © 2016 インテリアの主役であるソファ選びに大切なこと All Rights Reserved.